【日間1413位】ゲーム世界のモブ悪役に転生したのでラスボスを目指してみた 〜なぜか歴代最高の名君と崇められているんですが、誰か理由を教えてください!〜 

pt:26 | 部分数:60 (連載) | 作者:八又ナガト

《 あらすじ 》

名作恋愛アクションRPG『アルテナ・ファンタジア』

俺はそのラスボスであるルシエル公爵――の配下であり、エピローグの一文で『ルシエルの配下は全員処刑されました』とだけ説明されるモブ悪役貴族、クラウス・レンフォードに転生してしまった。

「この際だ。モブキャラに転生したのも、最後に殺されてしまうのも構わない……ただ、原作のようなつまらない最期を迎えるのだけは勘弁だ!」

そこで俺は、ラスボスとして主人公やヒロインたちに倒される最期なら、満足いく大往生を迎えられるのではないかと考えた。

そうと決まれば、やることは一つしかない!

「ルシエル以上のラスボスになるため、悪行を積み重ねて悪のカリスマになってみせる!」

それから俺は貴族という立場を利用し、様々な悪事を行っていくことになる。

しかし、この時の俺は知る由もなかった。
悪行の全てが裏目に出て人々から勘違いされた結果、俺が歴代最高の名君だと崇められるようになってしまうということを――


別サイトでも投稿しています。