【日間30位】“呪われた公爵令嬢”と呼ばれた私が自分の生きる道を見つけました! 

pt:1222 | 部分数:64 (完結) | 作者:鳴宮野々花

《 あらすじ 》

 バーネット公爵家の長女セレリアは、ジャレット王太子の婚約者だった。しかしセレリアの妹フランシスとジャレット王太子が、恋仲になってしまう。
 王太子の強い希望により、セレリアとの婚約は白紙となり、フランシスが王太子の婚約者となる。
 泣いて詫びる妹を、大丈夫だと宥めるセレリア。
 だが結婚式を目前に、フランシスは何者かによって毒殺されてしまう。
 美しく愛らしい、誰をも魅了するフランシス。対して平凡な容姿で、両親からの期待も薄かったセレリア。確たる証拠もない中、皆がセレリアを疑いはじめる。その後、セレリアにフランシスの殺害は不可能だったと証明されるが、フランシスを失った苦しみから半狂乱になったジャレット王太子は、婚約破棄された腹いせに妹を殺したのだと思い込みセレリアを責め立てる。
「お前のせいでフランシスは死んだのだ!お前は呪われた公爵令嬢だ!」
 王太子のこの言葉を皮切りに、皆がセレリアを呪われた公爵令嬢と噂するようになり──────

 ※この作品はアルファポリスにも投稿しています。