【日間43位】「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました。 

pt:912 | 部分数:51 (完結) | 作者:糸加

《 あらすじ 》

「ルジェナ・レジェク。お前みたいな魔力のない魔女はうちにはいらない! 普通の薬草を普通に調合するなんてこと、子供でも出来る!」

 工房長の代替わりにより、仕事と住む場所を突然失ったルジェナ。しかし、偶然知り合った貴族のエーリクは前のめりに提案する。

「ルジェナ、君の薬草の知識、すごいよ! 私の作った王立研究所で働いてくれないか?」

 今まで自分の知識を褒められたことなどないルジェナは、信じられない思いでそれを承諾する。
 だが、エーリクの提案はそれだけではない。なんと、偽の婚約者になってほしいと言う。

 一方、ルジェナが去った後の薬草工房は、作る薬の質が下がったと苦情が殺到。すべてルジェナが悪いんだと、工房長はルジェナの居場所を探そうとするが。
 
「ルジェナ・レジェク。君に結婚を申し込む。どうかこの私、エーリク・マトゥシュ・バルツァルの妻になってくれないか」

 ルジェナは、エーリクに偽じゃない本気の求婚をされるまでになっていた。工房長は、あの手この手でルジェナを取り戻そうとするが……
 
 魔力のない魔女ルジェナを、(少々変わり者の)貴族エーリクが溺愛する身分差ラブストーリー!

※カクヨム様、アルファポリス様にも同時連載してます。
※4/21タイトル若干変更しました。